コンテンツ2

2014年6月議会

【一般質問より】

8回目の一般質問に登壇。前半では川内原発再稼働の是非を巡って「いざと言う時に県民を守れるか」という観点から質問。後半では外郭団体改革、県有財産の有効活用、スポーツ振興等について質問を行いました。

 

(質問項目一覧:質問順位2番目)

 

(一般質問映像)

 

(県議会会議録:18行目〜45行目)

 

 

【産業経済委員会での議論より】

 

<商工労働水産・観光分野>

 

・ブリ、カンパチの輸出並びに高付加価値化について(49行目〜56行目)

・企業誘致専門員の知見活用について(175行目〜177行目)

・臨空団地の販売促進について(177行目〜181行目)

・原発周辺の電気料金半額を活かした企業誘致について(181行目〜185行目)

・緊急雇用特例基金について、補助先の追跡調査について(185行目〜191行目)

・「本物。鹿児島県」の効果測定について(191行目〜193行目)

・ハラールへの取り組みについて(193行目〜195行目)

・パスポート発行業務の、外郭団体への随意契約の見直しについて(195行目〜201行目)

・国際会議誘致に向けた支援について(201行目〜203行目)

 

 

<農業分野>

 

・奄美が勝負できる作物の研究・導入について(36行目〜38行目)

・相続未登記農地の解消に向けて(41行目〜47行目)

・フラワーバークかごしまの、外郭団体への「競争なし」管理委託について(47行目〜51行目)

 

 

【海外経済交流促進等特別委員会での議論より】

 

・清華大学への学生派遣について(42行目〜44行目)

・鹿児島関係の外国人とのネットワークづくりについて(44行目〜48行目)