コンテンツ2

2014年12月議会:一般質問

【一般質問より】

9回目の一般質問に登壇。前半では「鹿児島に稼げる仕事をつくる」観点から、

スーパーアリーナ構想には国際会議誘致等の戦略があるのか、

観光客誘客に向けたハラールへの取り組み、スポーツを活かした観光振興などを質問しました。

 

後半では、外郭団体改革、乳幼児医療費助成制度の現物給付化、指宿スカイライン2期無料化などを質問しました。

 

(質問項目一覧:質問順位2番目)

 

(一般質問映像)

 

(県議会会議録:17行目〜49行目)

 

 

【知事と議員のボーナスを上げる議案に、ただ一人反対!】

消費増税で県民の皆様が負担増となる中、政治家が自分たちだけボーナスを増やすのは認められません。

 

(反対討論映像:1:34:00ごろ〜1:37:15ごろ)

 

(県議会会議録:23行目)

 

 

【産業経済委員会での議論より】

 

<商工労働水産・観光分野>

 

・川内原発周辺の新たな産業創出について(44行目〜46行目)

・基金の有効活用について(46行目〜50行目)

・県工業技術センターの県単試験研究費の充実について(50行目〜52行目)

・商工会経営指導員の研修充実について(52行目〜54行目)

・離職者・失業者に対するIT関係の職業訓練について(54行目〜58行目)

・国際会議誘致について(58行目〜63行目)

・パスポート発行業務の随意契約見直しについて(63行目〜69行目)

 

 

 

<農業分野>

 

・本県農業の将来に向け、品目ごとの戦略・目標について(92行目〜96行目)

・農業関係の県単試験研究費の充実について(96行目〜102行目)

・小中学校における農業体験について(102行目〜104行目)

・有機農作物の適正表示について(218行目〜220行目)

・農地集積について(230行目〜236行目)

・PEDなど、県民総ぐるみの家畜防疫対策について(236行目〜240行目)

 

 

 

【海外経済交流促進等特別委員会での議論より】

 

・県費による海外派遣事業:公報の充実と機会均等について(8行目〜12行目)

・県在住外国人と県民との交流機会の増大について(54行目〜57行目)