コンテンツ2

2013年3月議会

【本会議:反対討論】(22行目)

・公務員の手当の額について「条例ではなく、(知事が決める)規則で勝手に決める」と言うものであったので、

「税金の使い道は、県民の代表である議会で決める」という近代民主制の原則を逸脱するものであることから反対しました。

 

※なおこのときには1対50で負けましたが、その後条例は改正され「手当の額は上限を条例で定める」となりました。

 

 

【文教警察委員会より】

 

<その1>

・育英事業(奨学金)について(87行目〜93行目)

・高校の建物整備について(97行目〜101行目)

 

<その2>

・警察職員住宅整備について(12行目〜14行目)

 

<その3>

・運転代行業について(34行目〜38行目)

・交通安全協会について(38行目〜43行目)

・警察不祥事について(43行目〜53行目)

・「弁済したから告訴しない」というのはなぜ?(57行目〜59行目)

 

<その4>

・県立短大の人件費について(47行目〜52行目、111行目〜114行目)

・教職員住宅について(55行目〜65行目)

・留学支援事業について(65行目〜71行目)

 

<その5>

・県立中高一貫校「楠隼」の教育方針について(174行目〜188行目)

・鴨池陸上競技場の耐震化について(223行目〜228行目)

・新県体育館について(229行目〜234行目)

・学校購買部について(234行目〜248行目)